マリナーの伝説

マリナーの伝説

マリナーの伝説は、まるで生地のようにベントレーに織り込まれています。500年以上にわたって世代から世代へと受け継がれてきた、人間の努力と信念、ビスポークのクラフツマンシップの豊かな歴史と言い換えることができます。

細々とした事業からスタート

ロイヤルメール
マリナー一家の最も初期のルーツは、エリザベス1世が王位に就いたちょうど1年後にあたる1559年に始めた、馬車と鞍の製造までさかのぼります。しかしながら、マリナーが本當に表舞臺に登場するのは、1760年にフランシス?マリナーがロイヤルメールの馬車製造とメンテナンスを請け負ったときからでした。

ロンドンでのマリナー
1870年に、フランシスの息子であるロバート?ブーヴェリー?マリナーは、マリナー ロンドン リミテッドという名で彼自身のコーチビルディング會社を設立し、父親譲りの完璧さを追求し始めました。重要な點は、19世紀後半に入ると彼は馬車から離れ、機械動力による車體の製造に事業を集中することを決定し、この事業がさらに拡大したことです。

伝説的なステータス

オリンピア ショー
1923年にロンドンで開催されたオリンピア ショーにおいて、H.J.マリナーはビスポークの3リッター(2シーター)のベントレーを作りました。これがその後何十年も続くベントレーとマリナーの絆の始まりでした。H.J.マリナーは1920年代に240臺以上のシャシーのボディを製造しましたが、1臺として同じものはありませんでした。その結果、彼らはすぐに最高のコーチビルダーであると認識されるようになったのです。

R-Typeコンチネンタル
1920年代以降も、H.J.マリナーとベントレーのパートナーシップはますます緊密になり、1952年にはH.J.マリナーの有名な作品として知られる革新的なR-Typeコンチネンタルが誕生しました。當時世界最速だった4人乗りスポーツカーに見られる象徴的な美しさは、コンチネンタルGTをはじめ現在のベントレーにも影響を與え続けています。

マリナーは1957年になると、コンチネンタルのシャシーに4人乗りの4ドアボディを製造しました。これこそが、R-Typeコンチネンタルと並んでベントレーを象徴する傑作モデルと言われるフライングスパーが誕生した瞬間でした。

情熱的なオーナーシップ

19世紀の変わり目に、H.J.マリナーは家業を買収し、H.J.マリナー&カンパニーという社名でロンドンのファッショナブルなエリアであるメイフェアに拠點を構えました。今では上流階級や、エリート層を相手にビジネスを行うのに最適な場所となっています。

H.J.マリナーのもとには、それぞれの車両はシャシーにエンジンが取り付けられた狀態で屆けられました。それ以上のものは何も付いていません。この狀態から、H.J.マリナー&カンパニーは、お客様のさまざまな要望に合わせて、1臺ずつ精巧に手作業でボディを製造していきました。

途切れることのない品質

1959年、マリナーはベントレーの一部門になることで、ベントレーとのパートナーシップをより強固なものにしました。マリナーは後に、クルーの古いエンジニアリングの実験部門があった場所に移り、現在に至っています。

フランシス?マリナーがロイヤルメールの馬車製造とメンテナンスを請け負ってから250年以上が経過した今、マリナーは依然として自らの技術を磨くことに専念しています。こうして途切れることのないクラフツマンシップが、世代を超えて受け継がれてきたのです。お客様の夢を葉える準備は、いつでも整っています。