ベントレーのマニフェスト

サステナビリティへの旅

ベントレーは、1世紀以上にわたり、お客様に特別な旅の楽しみを提供してきました。ベントレーは世界で最もサステナブルでラグジュアリーな自動車ブランドになるという野心的な目標に向け、次の一歩を踏み出しています。

  • 2021年までに 2つのモデルにプラグインハイブリッドカー(PHEV)を導入します。2023 年までに、すべてのモデルにプラグインオプションをリリースします。
  • 2025年にはベントレー初となる、また世界初のカーボンニュートラルなラグジュアリーカーとして電気自動車を発売します。
  • 2026年までにすべてのラインナップをハイブリッドカーと電気自動車のみに移行します。
  • 2025年までに製造過程における環境負荷をさらに75%削減することを約束します。
  • 2030年までにイギリスのクルー工場の運営を、クライメート?ポジティブ(溫室効果ガスの削減量が排出量を上回る)の実現に向け、より積極的なカーボンニュートラル化を目指していきます。
  • 2030年以降に製造する車は、すべてBEV(二次電池式電気自動車)になります。

「ビヨンド100」戦略の一部であるこれらの公約は、V12エンジンの世界最大のメーカーから、10年で內燃機関を持たないメーカーに変えることを意味します。

私たちの旅には私たちの製造プロセス全體を見ることも含まれています。 クルー工場は自動車メーカーとして、世界で初めてカーボントラスト規格を取得しました。そしてこれはさらに進んでいく予定です。 さらに、もうひとつの世界初である、2030年までに完全なカーボンニュートラルな組織になることを目指しています。

お客様は、魅力的なデザイン、優れたクラフツマンシップ、スリリングなパフォーマンスを組み合わせた自動車を常に求めてきました。しかし、これからのお客様は、ビヨンド100が創造するサステナブルで人や環境、社會に配慮したラグジュアリーをも求めています。それは"Beyond100"が創造します。

100年以上にわたり、ベントレーはグランドツーリングの意味を定義してきました。今日、私たちはその意味を再定義します。ぜひ、私たちの特別な旅の次のステップにご期待ください。